• 交通費精算システムは手間とコストを削減できる

    経理担当者の業務の負担となる業務が、交通費の精算です。

    交通費の精算は手間だけでなく、コストもかかります。
    手間とコストを抑える方法が、交通費精算システムの活用です。


    システムを導入していない場合には、エクセルや手書き記入して行っています。

    交通費精算システム情報探しに特化した総合サイトです。

    交通費精算システムを導入していない場合には、経理担当者だけでなく従業員の負担もかかります。



    かかった運賃を確認しておき、フォーマットに入力または記入を行うこととなり、手間と時間がかかります。
    従業員の負担だけでなく、不正な申請が行われていないかどうかを上長の承認が必要です。
    その上長はチェックの手間や時間がかかるだけでなく、上長が確認が遅れれば申請を出している従業員への精算も遅れるとなります。

    ムダを省くためにも、交通費精算業務をIT化を進めることによって業務を大幅に改善することができます。
    交通費精算システムの利用はさまざまな立場の人々にメリットが発生します。
    一般的に交通費精算システムには、乗換案内システムが導入されているため、かかった交通費を自動算出してくれます。システムによっては、交通系のICカードをカードリーダーにかざすだけで利用した経路と運賃を自動読み込みしてくれて申請データとして利用が可能です。上長となる承認者は、交通費精算システムを利用すると読み込みされるデータを使うことになるため、変更できない仕様になっていてチェックが不要です。



    不正申請の防止が可能になります。

    定期区間が含まれている場合には、自動で定期区間の料金を控除してくれるため、さらに経費削減も可能になります。

  • 知りたい交通費精算システム事情

    • 交通費精算システムは社員の交通費を効率よく精算する上で非常に便利なシステムであると同時に、企業の経理の中で重要な経費となる交通費を効果的に計上することができるものとなっています。このシステムを導入することが経理部門の負荷を軽減することにつながると考えられますが、効果を上げるためには現在の業務に対する適合性を十分に確認し、作業の上で負荷を軽減することができることを十分に認識した上で導入することが必要です。...

  • 交通費精算システムの特徴紹介

    • 交通費精算システムは、交通費精算を効率化することができる非常に便利なシステムです。これまで手作業で交通費の処理を行っていた企業にとっては、非常に効率化を図ることができる便利なものとなる可能性が高いのですが、現在企業の中で行われている交通費精算の方法と一致しているものを選ばないと、適正な処理ができなくなってしまいトラブルを招いてしまう危険があるため十分に注意をしなければなりません。...

  • 交通費精算システムの重要知識

    • 交通費精算システムは、企業に所属する従業員の通勤・仕事での移動などで使う電車・バスなどの交通費を精算する上で効率的にしてくれるシステムです。従業員が交通費の水増しでの請求が行われたり、その請求が間違って行われたり、手続きが面倒となることも多いため、それをシステム化することで簡単に行うことができる仕組みになります。...

  • 交通費精算システムの耳より情報

    • 電車などの公共交通機関で移動を繰り返す営業職や経理職に就いている人は、必ず交通費の精算が必要になります。実際に電車移動をする営業職の人や経理担当者は、この精算に大幅な時間を割くだけでなく、ストレスになってしまうこともあるでしょう。...